まめもち

懐かしいお仲間から、

『あおうや~』と、お誘いをうけて、

行ってきました。

鯛

食事をしながら、約6時間。

しゃべりました。

箸が転んでもおかしいお年ごろは、

とうに過ぎたのに、ケラケラと笑い、しゃべりました。

笑い

楽しかったですね。

またお会いする約束をして・・・

その時でた、かきもちの話。

豆餅はどうやって作るのか...

帰ってからパソコン開いてみたら、載ってた。

丁度、今は寒餅をつくとき。

赤、黄、緑と色をつけるかきもちは、作ったことはあるけど、

豆餅は?

レシピによると、

もち米1キロ(7合)で、黒豆110グラム、塩は18グラム。

前日から、もち米も黒豆も水につけて置き、

黒豆は、そのまま弱火で10分煮て、ざるにあけ。

もち米はざるにあけ、水気を切って餅つき機へ。

蒸し水は、290㏄。

いつもよりは少ない。

蒸しあがったら塩をいれ、

よくついて、米粒が無くなった所で、ボールへ。

大きなボールがないので、大きな鍋で。

手水をつけながら、餅に黒豆をすこしいれ、

手の付け根でぐいぐい押し込み、

また餅を引っ張って黒豆をすこしいれ、押し込み、

それを何回も繰り返し。

あまり上手く混ぜられないけど、

どうにかこうにか、豆を埋め込み、餅箱に。

豆餅

以前作った時は、餅が流れてくるから、

菓子箱で防波堤を作っていたけど、

今回は、流れることなく、蒸し水少なめの意味がよくわかった。

これは失敗かなと思ったけど、

一晩おいて切ってみたら、

それなりに、塩味もほどよく、おいしい豆餅になっていた。

できあがり

めでたしめでたし

追記)

できた

できた2

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA