お地蔵さんの衣替え

数年前から、散歩していると、雨の日はレインコートを着たお地蔵さんが、目につくようになりました。

晴れの日は、可愛いお洋服!

誰が着せてるのか、わからなかったけど、去年の春、花の手入れをしていたら、挨拶をするようになり、この人だとわかりました。そのうち、お地蔵さんのおうちができたと、言われたので見に行きました。

お地蔵さん

許可を得て、地元の方にお願いして作っていただいたそう!

(これで雨が降っても、大丈夫だわ!)と。

出来上がった日、和尚さんにお経をあげて頂き、(親しい人に、お接待をして下さい。と言われたので、もって来ました。)と、

お接待

寒くなると、毛糸で編んだ帽子と、毛糸のお洋服を着せています。春先には明るい色の布地にレースをあしらって可愛くなります。

六月は衣替えの季節。もうすぐ、お地蔵さんは、レースのお洋服にかわります。

毎朝、ウオーキングを兼ねて、小さな水筒に水を入れて持っていき、花立の水をかえ、周りをきれいにし、初物を少しお供えしてお参りし、お供え物はそのまま下げて、帰るのだそうです。

どうしてそうするのか、聞いたことがあるのですが、お地蔵さんが好きなのだそうです。

以前は、誰にも構われず、カビがはえた状態だったのを、これもまた、許可を頂いてタワシでゴシゴシすって、綺麗にしたのが、始まりとか。

こういう人を、奇特な人というのだろうと思います。アジサイ

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. アバター nekomoriya より:

    素敵なお話、いつも感心(●’w’●)
    こちらまで、ココロが洗われるような気がしますね〜
    なかなか、できることではないよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA